家族それぞれの埋葬について考える・費用を抑えた納骨堂埋葬について

駅から近い好立地

お墓

多くの納骨堂は駅から近いところに建てられています。遠方に住んでいる家族でも電車を利用する事でスムーズにアクセスできますので、定期的なお参りを行いやすい環境と言えるのです。

仏花

ブログも読める納骨堂

墓地

最近では納骨堂運営者による、カジュアルな運営ブログを閲覧できる施設もあります。必ず読んでおいた方が良いわけではありませんが、運営者の人柄などを観察する事ができるので読んで損はありませんよ。

豪華なお墓も可能です

祭壇

プラン内容にこだわっていけば、簡素な墓もゴージャスにできるのが納骨堂です。利用する家族それぞれが自由で柔軟な埋葬プランを選択できるのが、現代納骨堂の大きな利点なのです。

無駄を省いた弔い方法

お寺

日々の生活を維持していくだけでも大変なのが都会生活です。
賃貸住宅の家賃や子供の養育費、水道光熱費や通信料金など、毎日生きるだけで様々な事にお金がかかってきます。
仕事も家庭によっては男女共働きのケースが多いので、なかなか余裕のある時間も経済状況も生まれにくいと言えるでしょう。
そんな環境ですから、家族の誰かが不幸に見舞われた時の埋葬というのもシビアな問題として取り扱われます。
考えたくはない事ですが、昔ながらの墓石埋葬方式は都会生活者にとって負担の大きいやり方です。
一度の埋葬で200万円近くも予算が必要であり、日々の生活を維持するだけで精一杯な一般家庭にとって非常に難しい埋葬方法なのです。
かと言って大切な家族をお墓に入れないわけにはいきません。
こういう状況なら、最近需要が高まっている納骨堂がオススメです。
納骨堂は都会の駅周辺に増えている施設で、公営や寺院運営、民営など様々なタイプがある集団埋葬施設です。
少々画一的な埋葬になってしまいますが、交通アクセスの利便性もあり費用を抑えれる事からも、納骨堂は一般家庭にとってメリットの大きい埋葬サービスとして定着しているのです。
このサイトでは現代の納骨堂に関する事情を紹介していきます。
納骨堂のメリットとデメリット、昔ながらの墓石埋葬の違いなどを知っておき、家計にも精神的にも負担の少ない埋葬を実現していきましょう。
時代の変化と共に、日本の埋葬方法というのも変わってきているのです。